賃貸契約に多い敷金トラブルについて

敷金でトラブルになるのはどのような場合なのでしょうか。

マンションやアパートなどの賃貸物件を借りる際、貸主と借主の間で賃貸契約を交わします。
契約を証明する賃貸契約書には様々な事項が書かれていますが、正直言うと読むのが面倒だということであまり注意して読んでいない方が多いと思います。

しかし賃貸契約書には入居時に関する項目だけでなく、敷金の返還などについても記載されていますのでよく読んで確認しておいた方が退去時にトラブルにならずに済みます。

敷金は退去時によくトラブルの元となるので知っておきたい注意点のひとつです。
入居時には敷金・礼金、または保証金などを貸主に支払うのが通例となっています。
礼金は貸主に対してのお礼として支払うものであるため、退去時には返還されませんが敷金と保証金は賃貸契約書の取り決めに基づいて退去時に一部を差し引かれた残りが返還されます。
借主が部屋の壁を汚したりフローリングに傷を付けたりした場合、敷金や保証金から原状回復費として差し引かれる場合があります。

注意点はどの範囲が借主負担の原状回復となるか、です。
一般的に今挙げた壁を汚す、フローリングに傷を付けるなどが借主の負担となることが多いのですが、想像していた以上の額を敷金から差し引かれることがあります。
普通に生活していれば壁が汚れたりフローリングに傷がついたりすることは当たり前ですが、ほんの少しの汚れや最初からあったと思われる汚れや傷も原状回復費となる場合があります。

例えば壁にポスターを貼るために押しピンで穴を開けてしまっていたならそれは借主の責任と言わざるを得ませんが、特に傷を付けるような行為をせず自然に壁が汚れたり湿気などで剥がれたりした場合も借主負担となるのは納得出来ないという気持ちになるでしょう。

こうして考えると敷金に関するトラブルは大きな注意点であるということが分かります。
敷金の差し引きについて賃貸契約書に記載されている場合、退去時に差し引かれることは知らなかったと言ってもこちらの主張を通すのは難しいでしょう。
注意点をふまえて賃貸契約の際に敷金から差し引かれるケースを事前に確認し、退去時に敷金でトラブルにならないようにしておくことが重要です。

どのようなケースで敷金の差し引きが行われるかを知っておけば、壁やフローリングなどを必要以上に傷つけないように注意を払って生活することができます。
賃貸契約時の敷金の取り決めは大きな注意点です。
敷金の差し引きで借主が損をしないように取り決めておき、無用なトラブルは回避したいですね。