賃貸契約時の下見に持って行くと便利なものは?

下見にはメジャーを持参し、家具などが収まるかもチェックしましょう。

賃貸契約をするにあたって、気になった賃貸物件を見に行くのは最も重要な作業ですね。
急きょ、遠くから転勤が決まり、会社の人に任せるといった特別な事情でもない限り、賃貸物件を見ないで決める方はいないと思います。
もっとも、実際に見学に行っても、何となく雰囲気で決めてしまったり、立ち会った大家さんや不動産屋のアピールに負けて勢いで賃貸契約をしてしまったりという人は意外に多いです。
後から、もっとこういう部屋に住みたかったとか、設備がいまいちとか使い勝手が悪いと思っても、賃貸契約や引っ越しには多額の費用がかかりますから、直ぐに住み替えるわけにもいきません。

注意点として、冷静かつ慎重に賃貸物件の見学を行いましょう。
特に部屋を借りるのが初めての方の場合、チェックすべきポイントが分からなかったり、幾つも見学しない段階、中には最初の1つで妥協したりしがちです。
「早めに賃貸契約をしないと部屋がなくなりますよ」なんて不動産屋さんに言われることもありますが、それはそれで縁がなかっただけです。
必ず縁がある賃貸物件と巡り合えますから、時間の許す限り、しっかりチェックしましょう。

賃貸物件の見学の注意点として、まず、見学時に持っていきたいものがデジカメ、もしくは写真が撮れるケータイやスマホ、メジャーとメモを取れるものです。
いったん自宅に持ち帰って検討し直し、他に見学した部屋と比較するためにも、写真や動画を撮影しておくのがオススメです。
特に、同居人がいる場合に自分1人しか見学に行けなかった場合は、同居する家族や友人の意見を聞くためにも写真は必須ですね。

メジャーは部屋の寸法を測るためです。
引っ越しで持っていくことを決めている大型の家具や家電製品が置けるか、しっかり寸法をチェックしてきましょう。
設置しようと思う場所だけでなく、まずは、玄関から測ってください。
玄関の広さや角度によっては、そもそも大型家具が搬入できずに泣きを見ることがあります。
分解せずにすんなり搬入できるか、細かく寸法を測るのが注意点です。

こうした作業をしていると時間はかかりますが、不動産屋さんにも真剣さが伝わりますし、コダワリのあるお客さんだと認識してもらえ、変な物件を掴まされることもなくなります。
そのためにもメモを取ることも大切な注意点です。
細かく質問してメモを取ると、誤魔化せないなと相手に認識させます。
後で振り返り、入居後にトラブルがあった際もメモが重要な証拠になることもあるので、しっかりチェックしておきましょう。