賃貸契約時の入居審査のポイント!

入居審査をクリアして、新しい生活をスタートしましょう。

アパートやマンションなどの賃貸物件に住む場合、賃貸契約を結ぶ必要があり、そのためには入居審査を通過しなければなりません。
この入居審査にはいくつもの要素がからむことになりますが、では必須条件とはなんでしょうか。

言うまでもありませんが、まずは社会的身分が必要になります。
簡単にいえば働いている必要があるということです。
といっても必ずしも正社員でなければならないことはなく、派遣社員でもアルバイトでも審査自体は受けることができます。
ちなみに学生の場合には学生という身分で受けられます。

二つ目は収入です。
家賃に見合った収入を確保している必要があります。
それも一定期間という条件が付くのがほとんどです。

三つ目は保証人です。
いわゆる連帯保証人のことで、社会的身分のしっかりした人物が求められます。
業者によっては保証人を二人用意しなければならないところもあります。
ちなみに最近では保証会社を利用するケースも増えています。
例えば両親が定年退職してしまった後で、保証人にふさわしい人物が身近にいない場合などがこれにあたります。

ところで、賃貸契約にはいくつかの注意点があります。
入居審査における注意点といっても過言ではありません。
まずは書類や提出物にぬかりがないかどうかです。
審査では本人の身分を証明するものとして、免許証や健康保険証の提示が求められますので用意しておく必要があります。

また、会社の社員証なども必要になります。
この際の注意点には在籍確認があります。
その会社に本当に在籍しているかのどうかの確認を行うのですが、セキュリティが厳重で外部からの電話に厳しい部署にいる場合には注意が必要になるでしょう。

次に入居申込書ですが、ここには真実のみを正直に書かなくてはなりません。
虚偽申告をして発覚した場合には当然ながら賃貸契約はできません。
稀に収入証明や給与明細の提示を求められることがありますが、その際に入居申込書と相違があったら問題です。
入居審査の要となるのが保証人です。

本人よりも重要な存在といっていいでしょう。
本人がしっかりしていても保証人に問題があれば賃貸契約には至りませんし、本人の収入が今一つのような場合でも保証人がしっかりしていれば審査に通ることもあります。
従って、しっかりした保証人を用意する必要もあるのです。
注意点としては、できるだけ本人に近い親等の親族から選ぶということです。

賃貸契約における注意点には以上のようなものがあります。
賃貸物件に住もうと決めたら、こうした点をクリアにしておく必要があります。