入居時の賃貸契約で確認するべきこと!

例えば、更新料は更新の時期に確認しようと思わずに、入居時にしっかり確認しておきましょう。

アパートやマンションなどの部屋を借りる際にはかならず賃貸契約を結びます。
一度でも経験のある人は記憶にあると思いますが、「乙」とか「甲」かいった文言が登場する、いかにも契約書といった書類がそれです。

賃貸契約書が締結されると、晴れて入居できるわけですが、さて賃貸契約書とはただ単にサインすればいいというものではありません。
そこにはそれ相当の注意点があります。
簡単に考えていると後々トラブルに発展してしまいますので気をつける必要があります。

では、注意点とは何でしょうか。
簡単にいえばお金に関する項目です。
具体的には敷金の返還や更新料、仲介手数料についてです。
不動産屋でよく耳にする言葉に敷金と礼金があります。
部屋を借りるときに必ずといっていいほど登場するものです。
このうち礼金はその名の通りお礼ですので返還されることはありませんが、敷金はいわば担保のようなものですので退去時に返還されます。
これが曲者です。

返還されるといっても、どの程度返ってくるのでしょうか。
大抵の場合「敷金は退去のとき原状回復を行い、その費用に充当する」などと書かれていますが、じゃあ回復を行うのは誰なのか、費用はどのくらいの割合で充当されるのか、このあたりのことは残念ながら曖昧な表現になっていることが多く見られるのです。

従って、この時点で先々の細かいことまで決めておかないとあとで揉めることになります。
10万円の部屋で敷金を2カ月分支払っていた場合、敷金は20万円にもなります。
これがどのくらい返ってくるのかは大きな問題でしょう。
自治体によっては条例で金額や割合が決められているところもありますので、不動産屋に質問してみることも大切です。

そのほかの注意点としては、更新料と仲介手数料です。
仲介手数料は入居者と大家の双方が負担するものなので通常は半月分です。
本当に半月分かどうかの確認が必要です。
また更新料については2年も先のことなので見逃しがちになりますが、これも気をつけなければなりません。
家賃の何カ月分にあたるのかを確認しましょう。

トラブルになりやすいといえば内装です。
入居時に壁やフローリングの傷や汚れをあらかじめチェックして提出するわけですが、これは入念に行うべき大切な作業です。
自分が付けた傷でもないのに後で修理代を請求されたらたまったものではありません。
じっくり時間をかけて部屋の隅々までチェックしたいところです。
このように賃貸契約における注意点は主に金銭トラブルに発展する可能性があるものばかりです。
入居時にはぜひ気をつけたいものです。