賃貸契約には家賃以外にどんなお金が必要なの?

用途別にいろいろな費用がかかります。また、各費用には目安となっている金額もあります。

賃貸契約の際、どのような費用が必要になるでしょうか。
家賃はすぐに思いつくでしょう。
一度でも部屋を借りたことがある方は、「部屋を借りるってこんなにお金がかかるの?」と驚いたことと思います。
これから初めて部屋を借りる方は、家賃だけ払えればいいわけではないことを注意点として、しっかり覚えておきましょう。

まず、賃貸契約に先駆けて、申込金というのが必要になることがあります。
これは幾つか部屋を見学して、「いいな。でも、どうしようかな」と思った時に、部屋を押さえておく時などに支払う費用です。
もう気持ちはほとんど決まっているという時に、他の希望者より優先してもらうための意思表示に支払います。
家賃の額に関わらず、1万円程度を支払います。
もっとも、このお金は正式な賃貸契約が成立しなければ返還してもらえます。

ただし、注意点として、きちんと返してもらえるかを確認してから受け渡しを行いましょう。
領収書ではなく預かり証を受け取るのも注意点になります。
そのため、部屋探しに行く際は手ぶらで行かず、少なくとも1万円は持っていきましょう。
クレジットカードでの支払いはできず、現金払いが原則です。

いざ、正式に賃貸契約を結ぶ際には、1ヶ月目の家賃と管理費、敷金・礼金、仲介手数料が必要になります。

管理費は物件によってはないケースもあります。
アパートなどの共用部分の掃除や照明などの光熱費に充てられます。

また、分譲マンションを借りる際には所有者が支払っていた管理費の支払いを、居住者として支払いを求められることがあります。
エレベーターや管理人の経費などに充てられる費用です。

敷金は賃貸契約中に家賃の滞納があったり、部屋を損傷したりしたような場合に修理費用として充てられるものです。
特に問題がなければ、賃貸契約終了時に返還されます。
一般的には家賃の2ヶ月から3ヶ月分ですが、最近は1ヶ月分とかゼロの物件も増えています。

礼金は大家さんに部屋を貸してくれたお礼として支払われる慣習に基づくものです。
こちらも一般的には家賃の1ヶ月分から2ヶ月分ですが、最近はゼロ物件も増えています。

仲介手数料は部屋を探したり、契約手続きをサポートしてくれたりと不動産会社に手数料として支払います。
家賃の半月分から1ヶ月が基本です。

というわけで、初期費用として敷金・礼金がゼロでも家賃2ヶ月分、敷金・礼金が2ヶ月分ずつなら家賃の6ヶ月分を最初に用意しなければならないというのが注意点です。