はじめての賃貸契約でも、ポイントが分かっていれば安心!

安心して一人暮らしを始められるようにポイントを整理しました。

初めての一人暮らしをするにあたって最も注意したいのが住む場所の賃貸契約です。
これからの生活がこの部屋にかかっているとも言えるのですから注意して契約をしましょう。

とはいえ一人暮らしを初めてする方にとっては何もかも初めての経験のはずです。
最初に契約の流れを知っておくことと、どんなものが必要かをあらかじめ知っておくことが大事になってきます。

まず住みたい部屋が決まったら申し込みをしましょう。
入居申込書というものがありますので記入して提出するとともに預かり金を支払う場合もあります。
この申し込みをしたからといってすぐに入居できるわけではありません。
大家さんは入居者がこの賃貸にふさわしいかどうかの審査をします。
これは大家さんにとっては大事な作業で暴力団関係者や、宗教団体などあまり怪しい人が入ってしまったら、
ほかの入居者にも影響して物件自体の価値が下がってしまう可能性があるからです。

こうした審査とともに保証人を立てることが多いです。
保証人とは万が一入居者が家賃を滞納したり逃げてしまったりした場合などに責任を負うという人です。
一般的には両親や家族に頼むのが多いのですが、もちろん知人や上司など信頼が置ける方だったら大丈夫です。
家賃が払えなくなってしまったら請求はこの保証人に行くのできちんと確認してあらかじめ了承してもらう必要があります。

また、預かり金とは契約の意思を示して部屋を仮押さえしてもらうための費用です。
不動産会社には日々新しいお客さんが訪れますのできちんと部屋を押さえておかないと迷っているうちにほかの方に借りられてしまうこともあります。
注意点は契約が成立しなかった時にこの預かり金が返還されるかどうかを確認しておくということです。
無事契約が成立した場合には預かり金は敷金の一部としてそのまま充填されます。

この他にも賃貸契約時にはさまざまな費用がかかります。
まずは敷金礼金です。
敷金は大家さんにわたす預かり金ですから部屋を出るときには基本的には返ってくるお金です。
礼金は大家さんに対するお礼のお金ですから帰ってくることはありません。

また物件を紹介してくれた不動産会社に支払う仲介手数料があります。
これは基本的に家賃の一ヶ月分ということが多いようです。
また火災保険料を支払うこともあります。
これは万が一の火災や水漏れに備えるもので多くの賃貸住宅で入居時に必要な手続きになっています。

最後に、もし防犯上の対策をしておきたいのなら鍵交換もお願いすることがおすすめです。
もちろん費用はかかりますがそれ以上に安心を手に入れることができます。